食感命 ほぼグミブログ

個人的に好きな食感の食べ物の紹介・感想を書いていきます。ほぼグミです。味より食感命。

つむグミ 【UHA味覚糖】 キューブ状の積み方コンプリートを目指してみました。

f:id:foodtexture-life:20181014163236j:image

 2018年新発売グミ第30弾。UHA味覚糖のつむグミです。テトリスを思い起こさせるグミ。さあ、この積んで遊べるブロックグミ。えらいものを開発してくださいましたね。ほんまに。めちゃめちゃ遊んでしまいました。食べ物で遊ぶなと散々言われているのに。全くけしからんですね。一応理系人間としては、とことんまでやらないと気が済まなくなってしまいます。困ったもんです。ほんまに。すげー楽しいんですが。

 

 さて、何をそんなに楽しんだかと言うと、これですね。キューブ状につむという奴です。これをとりあえずできる限りのところまでやってみましたので、ご報告します。

f:id:foodtexture-life:20181014163554j:image

 

 中身はこちら。3ブロックのものが1種類(緑色のやつ)と、4ブロックのものが4種類あります。形としてはこれで全種類揃っているそうです。さあ、ここからどう組み合わせて積んでいけば、キューブ状になるのか。ワクワク。

f:id:foodtexture-life:20181014163614j:image

 

 とりあえず感覚的に積んでみて1パターンできました。6方位からの写真を載せておきます。作ってみたい方はぜひ参考に。

f:id:foodtexture-life:20181014164008j:image

f:id:foodtexture-life:20181014164024j:image

f:id:foodtexture-life:20181014164034j:image

f:id:foodtexture-life:20181014164058j:image 

f:id:foodtexture-life:20181014164113j:image

f:id:foodtexture-life:20181014164143j:image

 

 使ったグミの種類はこちらです。ジグザグのやつは使わないパターンですね。

f:id:foodtexture-life:20181014164222j:image

 

 さて、曲がりなりにも理系人間なのでキューブ状に積めるブロックの組み合わせはいくつあるのか、計算してみましょう。

 まず、 キューブ状に積むためには、27ブロックが必要ですね。そのためには4ブロックのグミ6つと3ブロックのグミ1つが必要になります。それ以外の組み合わせではキューブ状にはなりません。

 

 4ブロックのグミが4種類。そこから6つ選ぶ組み合わせは62通り。さらにその中で違う積み方でキューブ状に作れるパターンが複数ある可能性があります。つまり62×αパターンの組み合わせがありますね。さらに色の違いまで考慮すると62×α×βパターン。

 

 

 

 

 

・・・Death。全パターン作るとかこれはやってませんね。流石にそんな根気はありません。そしてグミが手汗でベットベトになってしまいますね。誰か検証してほしいですね。グミTuberの人とかやってくれないですかね。。UHA味覚糖の開発部の方々は検証したのでしょうか。

 

 

 とりあえずもうちょっと違う組み合わせで作ってみます。

 

 2パターン目 写真は3面ずつ写してあります。

f:id:foodtexture-life:20181014165951j:image

 

 対角線状に逆方向から見るとこんな感じ。

f:id:foodtexture-life:20181014170043j:image

 

 使ったグミの種類はこちら。とりあえずジグザグの奴を使いたかったのです。

f:id:foodtexture-life:20181014170108j:image

 

 3パターン目 いちご味のみで作ってみました。 

f:id:foodtexture-life:20181014171223j:image

 

 と思いきや1個だけマスカット味。3ブロックのグミがマスカット味しかなかったので、残念。3ブロックのグミを1個使わないといけないんですよね。

f:id:foodtexture-life:20181014171257j:image

 

 使ったグミはこちら。 

f:id:foodtexture-life:20181014171328j:image

 

 4パターン目。色も形もパッケージ通りのものを作ってみました。見えている3面から推測するとこの積み方で間違いないはず。少なくともパッケージ通りに見えていますね。

 

f:id:foodtexture-life:20181014163236j:image

 

f:id:foodtexture-life:20181015083628j:image

 

 対角線状に逆方向から見るとこんな感じ。おとと、グミが落ちそう。固定するの、難しいんです。ここは改良の余地ありでしょうか。

f:id:foodtexture-life:20181015083720j:image

 

 使ったグミはこちら。

f:id:foodtexture-life:20181015083748j:image

  

 とりあえずこんなところでしょうかね。まだ何かできるパターンなどがあれば追記します。計算間違え、こう考えれば全パターン試さなくてもええよ、違う組み合わせで積んでみました、などなどあればぜひ教えてください。キューブ状の積み方コンプリートとはならず・・・

 

・・・しかし、肝心のつむグミ全然食べられません。他のグミ食いながらやってます。なんならポテチとかエンゼルパイとか食べてます。そして3個のブロックのグミだけは1個しか使わないので1個残していれば食べてもいいんです。気づいた時は時すでに遅しですね。アホです。

 いい大人でもこれだけハマる、つむグミ、おそるべし。

 

 肝心の食感は、美食感(おい)しいです。それだけです。

と言いたいところですが、ちゃんと言うと、弾力しっかり、ちょい硬めでグミの食感としてもかなりいいですね。積むだけでなく、しっかり食べたいグミでもあります。

 面白くておいしい、つむグミ。ぜひとも遊んで食べてくださいね。

 

 体質によってはお腹がゆるくなるので、一度に食べるグミの量はほどほどに!

 
~商品紹介~

・値段:194円(税抜き)
・内容量:102g
・個人的好み:星6つ★★★★★★
・食感:(それぞれ1~5の5段階評価。5が最高)
硬さ:4
弾力の強さ:4
伸び:2
・メーカー:UHA味覚糖
・発見店舗(地域差(京都府京都市の情報です)、店舗差があります。):セブイレ

f:id:foodtexture-life:20181014163340j:image