食感命 ほぼグミブログ

個人的に好きな食感(くにゅくにゅ、もちもちなどゲル系食感)の食べ物の紹介・感想を書いていきます。主にグミです。筆者味音痴のため味に関する感想はほぼないと思われますがあらかじめご容赦ください。美しい味と書いておいしいと読むなら、美しい食感と書いておいしいと読んでもいいのではないか。美食感しい(おいしい)食べ物を究めていきます。グミパッケージ集めもやっています(現在530程度)。味より食感命。味違い新発売グミは基本紹介しないスタンスです。

ICEBOX濃い果実氷×ハイチュウ 巨峰 森永製菓

f:id:foodtexture-life:20170801213017j:image

 2017年新発売ソフトキャンデー第5弾。ICEBOX濃い果実氷×ハイチュウ 巨峰です。食感は変わらずハイチュウなので新発売に含めるか悩みましたが、ICEBOXとのコラボが気になるのと、ハイチュウも久々に紹介したいのでいいかなと思い、ご紹介をば。

 アメリカンチェリー味が出た時もハイチュウ紹介しましたが、最近四角いパッケージで、個包装で、味が1種類のハイチュウがちょくちょく現れていますね。昔はご存知の長い直方体のやつと、何種類か味が入っているアソートのやつの2種類でしたが、時代はハイチュウの包装も変えていっていますね。中身は相変わらずのうまさですが。

foodtexture-life.hatenablog.com

 そして、ICEBOXとのコラボというのは以前グミではありましたね。覚えている方いらっしゃいますでしょうか。そう、ICEBOXグミというのをちょうど3年前に紹介しています。こちらは完全なる生ラムネでしたが、うまかったですね。

foodtexture-life.hatenablog.com

 

 中身はもちろん個包装。8個入りでした。普通のハイチュウと比べると少しお高めですね。そのぶん濃いい果実感に仕上げてくれているのでしょう。

f:id:foodtexture-life:20170801213027j:image

 ハイチュウの食感をこのブログで書くのも何回目になるでしょうか。いつ食べても美味しいハイチュウ。はじめて食べた時からもう20年以上経つのですが、未だ食べたいと思わせるこのハイチュウとしか言い表せないこの食感。1975年に発売されたので、もう発売42年ですか。40周年記念のいろんなハイチュウは未だに覚えています。自分もあと20年くらい早く生まれていればハイチュウと同じ年になれ、また最初からハイチュウのうまさは変わっていないことを体現できたのにと思うと、悔しいですね。しかしこれからも見守っていきます。ハイチュウ。森永製菓さん、これからもよろしくお願いします。みんなで協力してハイチュウが永遠に販売されていく平和な世の中を作っていきましょう。

 

体質によってはお腹がゆるくなるので、一度に食べるグミの量はほどほどに!

 

~商品紹介~

・値段:137円(税抜き)
・内容量:32g
・個人的好み:星5つ★★★★★
・食感:(それぞれ1~5の5段階評価。5が最高)
硬さ:2
弾力の強さ:2
伸び:1
・メーカー:森永製菓
・発見店舗(地域差(兵庫県神戸市の情報です)、店舗差があります。):ローソン

f:id:foodtexture-life:20170801213037j:image