読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食感命 ほぼグミブログ

個人的に好きな食感(くにゅくにゅ、もちもちなどゲル系食感)の食べ物の紹介・感想を書いていきます。主にグミです。筆者味音痴のため味に関する感想はほぼないと思われますがあらかじめご容赦ください。美しい味と書いておいしいと読むなら、美しい食感と書いておいしいと読んでもいいのではないか。美食感しい(おいしい)食べ物を究めていきます。グミパッケージ集めもやっています(現在530程度)。味より食感命。味違い新発売グミは基本紹介しないスタンスです。

シゲキックスグミガーム エクストラソーダ、エクストラコーラ UHA味覚糖

UHA味覚糖 グミ感想
f:id:foodtexture-life:20150627173620j:plainf:id:foodtexture-life:20150627173613j:plain
2015年新発売グミかと思いきや去年から発売されていたようです。UHA味覚糖シゲキックスグミガーム、エクストラソーダ、エクストラコーラです。GGEXとどでかく書いて、シゲキックスグミガームという文字は下の方にちょんと書いているといういやらしさです。実はシゲキックスシリーズの一員です。
最近姿を見なかったグミガームですが、缶パッケージになって売られていました。忍者めしと同じ路線ですね。ベリーハードグミで、1パッケージの量が少ないグミは缶パッケージにしていく方針なのでしょうか。180円代くらいのちょい高いグミが流行っているところですが、UHA味覚糖さんはこの流れには乗らず独自路線で増量+価格上昇をやってきていますね。さすがです。しかも180円なんて生ぬるい上げ方をせずに、一気に税込300円まで上げてきています。さすがすぎます。
 
エクストラソーダはカフェイン・ビタミンC入りと眠気覚まし系、エクストラコーラはガラナ入りとエネルギーチャージ系ですね。グミガームのコンセプトは食べられるガムだったと思うのですが、それにもマッチしている感じですね。しかしグミなのか、ガムなのか、すっかり市場から姿を見せなくなったOkirOとはまた違った方向から新しいグミの境地を切り開いてくるグミですね。
 
丸いボタン型のグミです。表面にGの文字が書いてありますね。なかなか珍しい形です。
f:id:foodtexture-life:20150627180547j:plainf:id:foodtexture-life:20150627173553j:plain
 
しかしガムと言われると当然飲み込むことができるのかという心配がありますね。
しかしそこに関しては、ちっちゃくまるごと食べられます。と書いてあるので問題ないようです。特許出願中なんですね。
f:id:foodtexture-life:20150627181708j:plain
 
さて、食感はというと、先ほど書いた通り、パッケージにも書かれている通り、既にグミガームを食べたことのある方ならもちろんご存じの通り、ベリーハードです。忍者めしといい勝負ですが、自分は硬さではグミガームが優っていると思います。パッケージに書かれている劇的ハードグミとはよく言ったものです。この噛みごたえなら長いこと噛んでいられるのでガムとしての役割にもなれるかもしれませんね。食べるとちょっとスーっとしますし。
しかし、グミガームというネーミングではガムっぽいのに、劇的ハードグミと言ってみたりどっちなんやと。ネット上でも物議を醸しているグミガームでした。
ちなみに自分はグミガームはグミだと思っている派です。飲み込めますし。食感いいですし。
 
体質によってはお腹がゆるくなるので、一度に食べるグミの量はほどほどに!

~商品紹介~

・値段:278円(税抜き)
・内容量:40g
・個人的好み:星5つ★★★★★
・食感:ベリーハード(ベリーソフト→ソフト→スタンダード→ハード→ベリーハードの5段階評価)
・メーカー:UHA味覚糖
・発見店舗(地域差(東京都の情報です)、店舗差があります。):ファミマ
f:id:foodtexture-life:20150627173508j:plainf:id:foodtexture-life:20150627173501j:plain
※文字が小さくてすみません。気になる方はクリックして拡大して見てください。