食感命 ほぼグミブログ

個人的に好きな食感(くにゅくにゅ、もちもちなどゲル系食感)の食べ物の紹介・感想を書いていきます。主にグミです。筆者味音痴のため味に関する感想はほぼないと思われますがあらかじめご容赦ください。美しい味と書いておいしいと読むなら、美しい食感と書いておいしいと読んでもいいのではないか。美食感しい(おいしい)食べ物を究めていきます。グミパッケージ集めもやっています(現在530程度)。味より食感命。味違い新発売グミは基本紹介しないスタンスです。

グミチョコ ドリンクメニュー 明治

                                            f:id:foodtexture-life:20141218112253j:plain
明治グミチョコです。いつもの普通のグミとはちょっと趣向を変えてチョコレートでコーティングしたグミです。チョコレートらしいので中にグミが入っているチョコレートという言い方が本当は正しいのでしょうが、このサイトではグミとして紹介します。自分が小学生とか幼い頃からあるような気がするのでなかなか歴史があるグミなのではないでしょうか。ぶどうジュース、コーラフロート、いちごミルク味の3種類が入っています。
 
名前については昔から気になっていることがあります。なぜチョコグミではなく、グミチョコなのか。チョコでコーティングされている中身のグミがメインだからチョコグミではないのでしょうか。しかし商品の名称にはチョコレートと書いてあるので、チョコレートとして販売することが認められているということなのでしょう。どのように名称を決定するのかは気になりますね。チョコレートの方が量、体積が大きいからチョコレートなのでしょうか。それとも見た目の問題でしょうか。
 
中身はこんな感じです。こう見るとチョコレートにしか見えませんね。ていうかチョコレートなんですが。チョコボールみたいな形をしています。
                                            f:id:foodtexture-life:20141218112246j:plain
自分はチョコレートも好きですが、それよりもはるかにグミが好きなので外側のチョコレートをまず食べて中身のグミを味わうといった食べ方をよくやります。もちろん同時に食べると他のお菓子では味わえない美味しさがあります。中身のグミはポイフルの外側コーティングをなくした中身のグミと似ています。こんなことを言っても共感してもらえなさそうですが・・・グミの体積は結構小さいのですが、ちょっと固めのグミで割と食べごたえがあります。
 
毎度のことですが、長々と中身がないどうでもいいことばかりつらつらと書いてしまいすいません。たぶんこのスタイルを続けていくとは思いますが。
ただ、デイリーポータルのグミ部さんのような面白い記事も書いてみたいですね。文章力は敵わないにしてもいろんなグミ特集をもっとやっていきたいです。

グミ部応援しています!

おれたちグミ部 - デイリーポータルZ:@nifty

 

~商品紹介~

・値段:100円(税抜き) 

・内容量:35g

・個人的好み:星4つ★★★★☆

・メーカー:明治

・発見店舗(地域差、店舗差があります。):各種スーパー、駄菓子コーナーのあるコンビニ

・成分など↓

f:id:foodtexture-life:20141218112240j:plain