読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食感命 ほぼグミブログ

個人的に好きな食感(くにゅくにゅ、もちもちなどゲル系食感)の食べ物の紹介・感想を書いていきます。主にグミです。筆者味音痴のため味に関する感想はほぼないと思われますがあらかじめご容赦ください。美しい味と書いておいしいと読むなら、美しい食感と書いておいしいと読んでもいいのではないか。美食感しい(おいしい)食べ物を究めていきます。グミパッケージ集めもやっています(現在530程度)。味より食感命。味違い新発売グミは基本紹介しないスタンスです。

アンパンマングミ りんご

不二家 グミ感想
                                f:id:foodtexture-life:20141031202540j:plain                         
初めての不二家のグミ紹介です。アンパンマングミです。ネットなんかでグミの感想を見ていると、一定のファン層がいそうです。このグミがいつから販売されているか分かりませんが、20年以上食べ続けているなんて書いてる人もいることからかなりロングセラーグミのようです。りんご味とぶどう味の2種があるようです。このグミはオブラートで保護されていますが、普通の形のアンパンマングミもあります。
 
1袋に6粒のグミが入っています。グミの形はなんと24種類もあるようで、4つ買っても全て揃うか分からないですね。残念なことに自分が買ったグミには肝心のアンパンマンの形のグミはありませんでした。カレーパンマンバイキンマンドキンちゃん、おにぎりマン(?)だけは分かります。
 
                                     f:id:foodtexture-life:20141031201704j:plain
 
写真では分かりにくいですが、グミをとるときにはオブラートがくっついてきます。日本で最初に作られたグミはこのアンパンマングミのように、型にグミの素を流し込んで形作っていたようです。アンパンマングミはまさにグミの原点ですね。
 
                                           f:id:foodtexture-life:20141031201658j:plain

型から一つ一つグミを取り出して食べると、一つ一つ大事に味わいたくなります。6粒しかないですし。グミの食感とはまた違いますが、オブラートと一緒にはがして食べるグミも美味しいですね。薄くて口の温度ですぐに溶けてしまうので影響ないかと思いきやです。気持ちの問題でしょうか。

グミ本体もほどよい硬さ、弾力でグミらしいグミです。同じスタンダードなグミでも果汁グミ・ぷよぷよグミなどとははっきり違う食感なのですが、なかなかいい表現が出せません。硬さ・弾力の表現方法、それ以外の食感を評価する言葉を習得したいところですね・・・

 

~商品紹介~

・値段:70円(税抜き) 

・内容量:19g

・個人的好み:星5つ★★★★★

・メーカー:不二家

・発見店舗:ダイコクドラッグ、ポプラ

・成分など↓

f:id:foodtexture-life:20141031202525j:plain