読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食感命 ほぼグミブログ

個人的に好きな食感(くにゅくにゅ、もちもちなどゲル系食感)の食べ物の紹介・感想を書いていきます。主にグミです。筆者味音痴のため味に関する感想はほぼないと思われますがあらかじめご容赦ください。美しい味と書いておいしいと読むなら、美しい食感と書いておいしいと読んでもいいのではないか。美食感しい(おいしい)食べ物を究めていきます。グミパッケージ集めもやっています(現在530程度)。味より食感命。味違い新発売グミは基本紹介しないスタンスです。

りんごの実 明治チューインガム

            f:id:foodtexture-life:20141014083732j:plain

ソフトキャンデーのりんごの実です。明治のグループ会社明治チューインガムの商品です。青りんご、赤りんご味が1つの粒の中に入っています。1粒で2倍美味しいですね。

 

同じ形のグミで、半年前くらいにぶどうの実というソフトキャンデーを食べたことがあります。もちろん明治チューインガムの商品です。この時はガブリチュウのスピンオフシリーズとして売られていますね。晴れてガブリチュウから独立したようで何よりです。この独立の流れ、明治の果汁グミから独立したぷぷるんの流れと似ていますね。明治はブランド名を新しい商品に使って買いやすくする戦略をよく使っているようです。

 

            ↓ガブリチュウ ぶどうの実

            f:id:foodtexture-life:20141014084704j:plain

 

ところで、パッケージを見ていてふと思ったことなんですが、パッケージにリアルな果物が描かれていますね。ジュースでは果汁が何%入っていればパッケージにリアル果物の絵を使っていいみたいな決まりがありますが、キャンデーではどうなのか気になったので調べてみました。ネットに落ちていた公正取引委員会の資料によるとすごく簡単に言えば、果物の写真を使う場合は果汁が3%以上入っていなければならないようです。いろいろと決まりがあって作る側は大変なんでしょうね。

 

          ↓黄色とピンクの2色です。表面はざらざらしています。

             f:id:foodtexture-life:20141014083705j:plain          

表面にざらざらの粒がついているため、外側の歯ごたえはシャリシャリです。そして噛むともちっとした食感を楽しめます。中のもっちりとした食感はガブリチュウと似ているといってもいい食感ですが、りんごの実は細長いガブリチュウを小さく切ったような形状で全く別の食感を産み出しています。これはかなりハマりました。

今年も残るところあと2か月と半分ということで2014年のグミランキングを意識し始めましたが、りんごの実はなんかしらの形で登場させたいところですね。

 

~商品紹介~

・値段:82円(税抜き)

・内容量:27g

・個人的好み:星5つ★★★★★

・メーカー:明治チューインガム

・発見店舗:サークルK

            f:id:foodtexture-life:20141014083725j:plain

         f:id:foodtexture-life:20141014083713j:plain