食感命 ほぼグミブログ

個人的に好きな食感(くにゅくにゅ、もちもちなどゲル系食感)の食べ物の紹介・感想を書いていきます。主にグミです。筆者味音痴のため味に関する感想はほぼないと思われますがあらかじめご容赦ください。美しい味と書いておいしいと読むなら、美しい食感と書いておいしいと読んでもいいのではないか。美食感しい(おいしい)食べ物を究めていきます。グミパッケージ集めもやっています(現在530程度)。味より食感命。味違い新発売グミは基本紹介しないスタンスです。

お祭りサワーズグミ わたがし味、あんずあめ味ノーベル製菓

f:id:foodtexture-life:20170816214757j:imagef:id:foodtexture-life:20170816214804j:image

 2017年新発売グミ第25弾。ノーベル製菓のお祭りサワーズグミです。発売からちょっと時間が経ってしまいましたがまだ8月なのでセーフということにさせてください。味違いパターンで食感自体は変わっていないサワーズですが、ちょっと珍しい味だったので紹介します。わたがし味、あんずあめ味という特にわたがし味はちょっと想像できない味が登場してきました。わたがしは味を楽しむものではなく、あのふわふわした食感を楽しむものだったと思っていたので、グミになってどうなるか楽しみですね。ハイチュウも祭ハイチュウというものを出してましたし、夏を感じさせてくれるグミ・ソフトキャンデーが出てきてますね。

 

 左がわたがし味、右があんずあめ味です。最近ちびサワーズの方がよく食べていたせいか、持ってみると軽くずっしりした感じを覚えます。なんかでかく見えますね。

f:id:foodtexture-life:20170816214916j:imagef:id:foodtexture-life:20170816215007j:image

 さて、サワーズの食感はいうまでもなく少しハード、弾力抜群のうまうま食感なのでもひとつおまけにいうまでもないので、今回は珍しく食感ではなく味の話になります。

 わたがし味は味がしない?というか思えばわたがしってやはりあのふわふわを楽しむもので、味は砂糖だけ?ですよね。多分。原材料にも味らしきものは砂糖しかなかったので、甘味料も入っていないので砂糖の純粋な甘さという感じです。

 あんずあめの方はあんずですね。もちろん。飴の要素は感じられません。グミなので。水飴は入っていますが、それはグミの構成員なので関係ないですしね。飴のような粘り気とかがあったら面白かったかもしれません。

 

 サワーズは値段が高騰しているグミ業界の中で税抜き100円を保ってくれていてなんか嬉しいですね。ちびサワーズもあり、本家サワーズは少し人気が下がっているのではないかという懸念もありますが、そんな逆風にも負けず頑張ってほしいですね。

 

体質によってはお腹がゆるくなるので、一度に食べるグミの量はほどほどに!

 

~商品紹介~

・値段:100円(税抜き)
・内容量:45g
・個人的好み:星4つ★★★★☆
・食感:(それぞれ1~5の5段階評価。5が最高)
硬さ:3
弾力の強さ:4
伸び:1
・メーカー:ノーベル製菓
・発見店舗(地域差(兵庫県神戸市の情報です)、店舗差があります。):セブイレ

f:id:foodtexture-life:20170816214834j:imagef:id:foodtexture-life:20170816214841j:image

リセットレモン UHA味覚糖

f:id:foodtexture-life:20170810203434j:image

  2017年新発売グミ第24弾。UHA味覚糖、リセットレモンです。これはとろけるグミではないか!と発見した瞬間からのグミアンテナセンサーの反応がものすごかったです。パッケージのグミの見た目からのとろけるグミ感が半端ないこのリセットレモン、クエン酸を配合した最近グミ界(特にUHA味覚糖)でも流行りつつある機能性表示食品で、日常で感じる疲労感を緩和してくれるとのことです。

 

 なんと自分でもうっかりしていましたが、とろけるグミの記事は書いていなかったので、とろけるグミの感想に関しては、その前身のフレッチェ くちどけコラーゲングミの記事をご参照ください。食感は同じものと判断しています。これがもう2年半前なんですね。とろけるグミの記事も書きたいので、是非とも復活してほしいところです。

foodtexture-life.hatenablog.com

 

 機能性表示食品らしく、グミとは思えないくらい、摂取の方法が事細かに書いてあります。こういうグミを普通に食べる分に注意すべき点は一日の摂取量ですが、1日1回1袋を目安にとのことなので、一気に2袋とか食べない限り採りすぎということはないようです。しかし、小分けにせずに1日1回1袋という食べ方もなかなかしないと思うのですが、それが目安ということで。でも自分は小分けにして食べます。

f:id:foodtexture-life:20170810203507j:image

 

 このしずく型のグミをみてください。これはとろけるグミでしょう。と言いたいのですが、どこか違和感を感じる点が。。持った感触としては、とろけるグミに比べてグミ表面のベタつきが強い気がします。もしかしたらこれに関してはベタベタくっついてくるのですが、これは夏で、28℃以上のところでの保存時間が長いことが関係しているのかもしれませんが。

f:id:foodtexture-life:20170810203550j:image

 ただこの違和感はどうしようもないというのが食感です。とろけるグミとはやはり何か違う。とろけるグミに比べると、とろける感が薄く少し硬めの印象を覚えます。違和感とか言っちゃってますが、もちろんおいしいです。硬い感じがする、これも夏のせいでしょうか。全部夏のせいなのでしょうか。実は自分の食感性(食感を捉える感性)が鈍くてとろけるグミとは違うと感じているのでしょうか。このグミを食べた方はぜひ感想を教えてください。

 

体質によってはお腹がゆるくなるので、一度に食べるグミの量はほどほどに!

 

~商品紹介~

・値段:111円(税抜き)
・内容量:50g
・個人的好み:星5つ★★★★★
・食感:(それぞれ1~5の5段階評価。5が最高)
硬さ:3
弾力の強さ:4
伸び:3
・メーカー:UHA味覚糖
・発見店舗(地域差(兵庫県神戸市の情報です)、店舗差があります。):セブイレ

f:id:foodtexture-life:20170810203534j:image

ICEBOX濃い果実氷×ハイチュウ 巨峰 森永製菓

f:id:foodtexture-life:20170801213017j:image

 2017年新発売ソフトキャンデー第5弾。ICEBOX濃い果実氷×ハイチュウ 巨峰です。食感は変わらずハイチュウなので新発売に含めるか悩みましたが、ICEBOXとのコラボが気になるのと、ハイチュウも久々に紹介したいのでいいかなと思い、ご紹介をば。

 アメリカンチェリー味が出た時もハイチュウ紹介しましたが、最近四角いパッケージで、個包装で、味が1種類のハイチュウがちょくちょく現れていますね。昔はご存知の長い直方体のやつと、何種類か味が入っているアソートのやつの2種類でしたが、時代はハイチュウの包装も変えていっていますね。中身は相変わらずのうまさですが。

foodtexture-life.hatenablog.com

 そして、ICEBOXとのコラボというのは以前グミではありましたね。覚えている方いらっしゃいますでしょうか。そう、ICEBOXグミというのをちょうど3年前に紹介しています。こちらは完全なる生ラムネでしたが、うまかったですね。

foodtexture-life.hatenablog.com

 

 中身はもちろん個包装。8個入りでした。普通のハイチュウと比べると少しお高めですね。そのぶん濃いい果実感に仕上げてくれているのでしょう。

f:id:foodtexture-life:20170801213027j:image

 ハイチュウの食感をこのブログで書くのも何回目になるでしょうか。いつ食べても美味しいハイチュウ。はじめて食べた時からもう20年以上経つのですが、未だ食べたいと思わせるこのハイチュウとしか言い表せないこの食感。1975年に発売されたので、もう発売42年ですか。40周年記念のいろんなハイチュウは未だに覚えています。自分もあと20年くらい早く生まれていればハイチュウと同じ年になれ、また最初からハイチュウのうまさは変わっていないことを体現できたのにと思うと、悔しいですね。しかしこれからも見守っていきます。ハイチュウ。森永製菓さん、これからもよろしくお願いします。みんなで協力してハイチュウが永遠に販売されていく平和な世の中を作っていきましょう。

 

体質によってはお腹がゆるくなるので、一度に食べるグミの量はほどほどに!

 

~商品紹介~

・値段:137円(税抜き)
・内容量:32g
・個人的好み:星5つ★★★★★
・食感:(それぞれ1~5の5段階評価。5が最高)
硬さ:2
弾力の強さ:2
伸び:1
・メーカー:森永製菓
・発見店舗(地域差(兵庫県神戸市の情報です)、店舗差があります。):ローソン

f:id:foodtexture-life:20170801213037j:image

果汁グミ コラーゲンマスカット、鉄分グレープフルーツ 明治

f:id:foodtexture-life:20170725214909j:imagef:id:foodtexture-life:20170725214917j:image

 2017年新発売グミ第23弾。果汁グミ コラーゲンマスカット、鉄分グレープフルーツです。7月25日に発売。グミコーナーに行ったら一発で目に飛び込んできますね。果汁グミの新作は。発売したその日に2つとも買ってしまいました。コラーゲン、鉄分系の果汁グミはこれまでにもありましたが、とりあえず新発売グミとして紹介します。

 

foodtexture-life.hatenablog.com

foodtexture-life.hatenablog.com

 

プレスリリースはこちら↓

プレスリリース|企業情報|株式会社 明治

 

 中身はこちら。それぞれマスカット型、グレープフルーツ型です。

f:id:foodtexture-life:20170725215530j:imagef:id:foodtexture-life:20170725215750j:image

 食感はやはり抜群に美食感(おい)しいです。洗練に洗練を極めたような食感。なんでしょうねもはや人工的な果実なのではないかという錯覚さえ覚えます。

 しかしまあ果汁グミってなんでこんなにおいしいんでしょうね。やはり頭一つ飛び抜けてる感が否めません。なんででしょうね。不思議です。もちろん他のグミも大好きなので順位となると甲乙つけがたいのですが、果汁グミには何か特別感がありますね。

 

体質によってはお腹がゆるくなるので、一度に食べるグミの量はほどほどに!

 

~商品紹介~

・値段:168円(税抜き)
・内容量:68g
・個人的好み:星5つ★★★
・食感:(それぞれ1~5の5段階評価。5が最高)
硬さ:2
弾力の強さ:4
伸び:2
・メーカー:明治
・発見店舗(地域差(兵庫県神戸市の情報です)、店舗差があります。):ローソン

f:id:foodtexture-life:20170725215444j:imagef:id:foodtexture-life:20170725215839j:image

スイカバーグミ ロッテ

f:id:foodtexture-life:20170720212047j:image

  2017年新発売グミ第22弾。ロッテ、スイカバーグミです。かなりブログ更新サボってました。発売からだいぶ経ってしまいましたが、ついにあのスイカバーがグミになったということで、紹介です。みんな大好きスイカバーまでグミにしてしまうこの世の中はなんと素晴らしいのでしょう。スイカ味のグミといえば、かばやさんのすいかグミくらいしかみたことがありませんでしたが、大物刺客登場ですね。

 かばのキャラクターはすいかば君というのですね。初めて知りました。

 

 完全にスイカバーの形をしたグミです。メロンバーはない模様。そして、一つだけ残念なのが、スイカバーではスイカの種を表現しているチョコ種が使われてはおらず、種の形をかたどっているだけということです。あのチョコ種が好きなので、できれば入れて欲しかったですね。

f:id:foodtexture-life:20170720212133j:image

 グミは柔らか弾力しっかり。アイスのようにカチッとしっかり固まってはおらず、そこはグミらしくふにゃふにゃしています。

 この暑い夏、いつもならスイカバーを食べるところを、スイカバーグミを食べるのもいいのではないでしょうか。涼しくはなりませんが、夏らしさを感じられます。

 

体質によってはお腹がゆるくなるので、一度に食べるグミの量はほどほどに!

 

~商品紹介~

・値段:118円(税抜き)
・内容量:38g
・個人的好み:星4つ★★★★☆
・食感:(それぞれ1~5の5段階評価。5が最高)
硬さ:2
弾力の強さ:4
伸び:3
・メーカー:ロッテ
・発見店舗(地域差(兵庫県神戸市の情報です)、店舗差があります。):ファミマ、ローソン

f:id:foodtexture-life:20170720212105j:image